「マスターズ甲子園2017」に出場しました


11月11日~12日にかけて阪神甲子園球場で開催されました「マスターズ甲子園2017」に熊本商OBチームが熊本県代表として出場してきました。
この「マスターズ甲子園大会」とは、高校野球OBのために毎年開催されるOB大会で、全国各地で開催される予選を勝ち抜いたOBチームが出場できる大会です。
(マスターズ甲子園について 詳しくはこちら→ http://www.masterskoshien.com/)

我が熊商OBチームも、熊本市予選・熊本県大会と6試合に勝利し優勝。9年ぶり4回目の出場でした。4回目の出場は全国最多 タイ記録でもあります。
試合は、勝っても負けても、1試合のみです。
県大会を優勝したOBチームへのご褒美大会のような位置づけであり、どのチームも現役時代に憧れだった甲子園出場、夢だった甲子園でのプレーを満喫しました。
珍プレーあり笑顔あり・・・と、勝敗よりもまずは野球ができる喜びと、世代を超えたOBの方々が野球を通して交流できる素晴らしい大会です。

今年の熊商チームは、埼玉県代表の強豪 春日部東OBチームと対戦しました。
相手チームは、埼玉県大会で打って打って打ちまくって勝ち上がってきた打撃のチーム。対して、我がチームは投手を中心とする守りのチームです。
試合は、予想通り 前評判通りの打撃で4回までに8得点されました。しかし、熊商OBチームも頑張り、4回終了時点では7-8の1点差に追いつきます。
しかし、5回以降バテバテの熊商に対し、相手チームは次から次へと代打、代走、投手交代、守備交代と・・・。相手チームのベンチ入りは上限ギリギリの50名に対し、熊商は38名。選手層の違いが出た感じでした。結果は8-13で敗退。

敗退はしたものの、選手からは「諦めていた夢がこの年で叶った」「憧れの甲子園でエラーしたけど、ヒットが打てて良かった」「現役時代 公式戦にまったく出られなかったが、こうして甲子園の舞台でプレーが出来た」とOB全員が感動していました。
今年のチームは、79歳の大先輩から20歳の後輩まで、59歳も年の差があるチーム編成でした。また地元熊本だけではなく、東京・大阪・京都・福岡と全国各地に散らばっているOBもベンチ入りし、再会があったりとグランド以外の場所でもとても楽しい時間を過ごせました。

また「マスターズ甲子園2018」の抽選会も行われ、熊本県代表は、なんと開幕試合のようです。
熊本県予選は、全国で一番多い43チームで甲子園の切符を掴みに行きます。
優勝するのは非常に厳しいですが、OB皆様の力を結集し、2年連続 5回目の出場を目指し頑張ろうと思います。

野球部OBの皆さん、一緒にプレーしませんか?
詳しくは熊商野球部OB会事務局までご連絡ください。

事務局 北本 裕児(高43回) 090-7156-9326

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です